HOME > 学術大会演題抄録作成要領

携帯電話用QRコード

全国看護管理・教育・地域ケアシステム学会モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

学術大会演題抄録作成要領

学術大会演題抄録作成要領

☆発表者は本学会会員に限ります。共同研究者に関してもすべて会員であることとします。

本学会会員の登録がまだの方は、入会のお手続きをお願い致します。

 

STEPⅠ.演題抄録の作成

1.    抄録原稿は、図表も含めてA41枚で1演題とします。(演題抄録作成例 参照)

内容が不完全な場合、不適切な場合は受付できないことがあります。

2.    原稿の書体はすべて明朝体です。

3.    タイトルは40字以内、サブタイトルは30字以内です。

タイトル、サブタイトルのみ12ポイントの明朝体です。

4.    発表者・共同研究者氏名・所属はすべて10.5ポイントの明朝体です。

5.    発表者は、筆頭に表示し、氏名の前に○をつけてください。

6.    キーワードは3ワード以内とします。

7.    本文は明朝体10.5ポイント、20字×30行×2段で、1200字としてください。

【目的】【方法】【倫理的配慮】【結果】【考察】の順で見出しをつけてください。

8.    上下、左右、それぞれ30mmのマージンをとってください。

9.    発表者、共同研究者とも本会員とします。

本学会に未加入の方は、すみやかに入会の手続きをしてください。

10.発表者としての演題抄録の登録は1人1題に限ります。

 

STEPⅡ.演題抄録の登録

1.STEPⅠ.演題抄録の作成」・「演題抄録作成例」に従いメールにて演題抄録の登録を行ってください。

2. 件名には「氏名(フルネイム)、所属、送信日」を入力し、演題抄録を添付ファイルにて送信してください。

送信欄には、

   演題

   発表者氏名

   発表者所属名称

   口頭発表、ポスター発表(示説)のどちらかの発表形式の希望

   連絡先:郵便番号・住所(郵送物が確実に届くところ)

   連絡先:電話番号(昼間に連絡がつく電話番号)

⑦ メールアドレス(査読結果、採否について連絡いたします)を入力ください。

3. 演題抄録の送信先

全国看護管理・教育・地域ケアシステム学会

 

学術大会演題登録受付 E-mail jimeccc@heisei-u.ac.jp

 

受付は5月31日までですので、ご注意ください。

 

STEPⅢ.抄録の査読

1. 学術大会運営委員会にて、登録していただいた抄録について、発表内容に倫理的配慮がなされているか等について査読いたします。

2. 査読終了後、メールにて査読結果、採否についてご通知いたします。

3. 査読の結果、修正後再査読が必要な場合には、指定された期間内に修正抄録を添付ファイルにて学術大会演題登録受付 へ送信してください。

 

STEPⅣ.発表の決定

1. 演題抄録の採否については、メールにて連絡いたします。 

2. 発表日時については、第11回学術大会運営委員会より指定いたします。

3. ご希望いただいた発表形式とは異なる発表をお願いする場合がございます。

最終的な決定は、学術大会長に一任願います。

 

STEPⅤ.抄録原稿のチェックリストについて

1. 投稿する前に抄録原稿を点検確認し、FAXにて学術大会運営事務局(084‐972-7696)まで送信してください。

2. 本ホームページ「学術大会演題抄録登録受付」を開いて、チェックリストを印刷し、各自チェックしてください。

  

 

学術大会長ならびに運営委員一同、

皆様方のご応募、ご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

<問い合わせ先>

全国看護管理・教育・地域ケアシステム学会
学術大会 演題登録受付 

720-0001 広島県福山市御幸町上岩成正戸117-1

福山平成大学看護学部看護学科

Emailjimeccc@heisei-u.ac.jp

 

 

 

演題抄録作成例(A4版)

タイトル  (明朝体12ポイント、40字以内)

サブタイトル (明朝体12ポイント、30字以内)

 

発表者・共同研究者氏名(明朝体10.5ポイント)

所属(明朝体10.5ポイント)

 

キーワード: (明朝体10.5ポイント)

 

【目的】                【結果】

 

 

 

 

 

 

【方法】                【考察】

 

 

 

 

本文は、明朝体10.5ポイント、20字×30行×2段組。


上下、左右、それぞれ30mmの余白

*図表は、本文枠内に挿入してあれば、位置等の制限は

ありません。

 

 

【倫理的配慮】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演題抄録作成要領1
演題抄録作成要領2
お問い合わせはこちら